すっぴんでも安心

温泉アートメイクはタトゥーと同じように針で染料を皮膚の中に入れ込んでいくものです。そのため、通常のメイクのように汗や水で流れ落ちてしまうことはありません。毎日洗顔を繰り返していても時間の経過と共に色が薄くはなりますが、それも数年単位で残るため、一度施してしまえば長く楽しむことが可能です。また、タトゥーほど皮膚の奥深くに色を入れないので、皮膚に多少の色は残りますが、施術の一年後にはカラーチェンジができるというクリニックもあります。髪色を変えたついでに眉の色も変更したいといった時にはカウンセリング時に相談してみると良いでしょう。

アートメイクはすっぴんの状態でも残っているので、ノーメイクで過ごしたい時や、ちょっと近所に出かけるだけという時でも便利です。これまで、すっぴんだと眉毛は無いし目元が寂しいといった悩みを抱えていた人にも、アートメイクなら顔立ちを自然な印象に見せてくれます。

更に、プールや温泉など普通のメイクでは水で落ちてしまうのが心配だという場所でもアートメイクを施しているとメイク崩れがないため安心して過ごすことができます。メイクに時間をかけたくない時や、水や汗で濡れてしまう恐れがある場所でも眉やアイラインが取れないので、アートメイクはオシャレを楽しみたい女性にとっての良い味方になるのではないでしょうか。気になった人は、必ず医師のいるクリニック等で施術してもらうようにしてくださいね。

推奨リンク_https://www.shirono.net/operation/artmake/medicalartmake/
└アートメイク施術を行っている「シロノクリニック」のサイトです。

時間の短縮に

朝はできるだけ長く布団の中で過ごしたいと、毎日時間ギリギリになるまで準備ができず、結局慌てて朝食を食べたりメイクをしたりという人も多いのではないでしょうか。どれだけ忙しくても、女性は外に出る前にはメイクが必要です。しかし、焦っていると上手くいかずにイライラしてしまうということもあると思います。

メイク特に、女性にとって目元は顔の印象を左右する大切な部分です。メイクの中でも特にアイメイクに時間をかけているという人も多いでしょう。また、眉の描き方1つを取っても表情をやわらかく見せたりキリッと引き締めたりできます。毎日のメイクの中でどれだけ時短術を編み出して行っても、それでも目や眉にかける時間をこれ以上短縮することができないこともあります。こうした時にアートメイクを利用してみてはいかがでしょうか。左右の高さや形が描く度に違ってしまうという眉も、はみ出さないよう集中力が必要なアイラインもアートメイクが施されているだけでメイクが随分と楽に、そして短時間で済ませることが可能になります。

カウンセリングはプロによって行われ、個人の顔立ちや普段のメイク、表情筋の動きなどを観察してもらい、自分に最適な眉やアイラインの形を提案してもらえます。

どこに施されるの?

アートメイクと聞いて、映画などで見られる特殊メイクを想像した人もいるかもしれません。アートメイクとは染料を針で皮膚の中に入れる手法のメイクのことで、こうしていれた染料は洗顔しても落ちることはありません。

顔アートメイクが顔に使われる場合、眉やアイラインに施す人が多く見られます。また、唇の輪郭や全体に施す人もいます。特に眉は自分で描くと左右で眉山の位置がずれて高さが異なってしまったり、太さが違ったりと上手く描けずに悩んでいるという人も多いでしょう。アートメイクなら、眉の形がしっかりと描かれているので毎日のメイクで悩む時間も不用です。アートメイクはメイクが苦手な人にとってはとても便利な存在になると言えます。

また、アイラインにアートメイクを施すと、すっぴんでも印象的な目元に見せてくれます。 目元がぼんやりしていて旅行やお泊りの時に彼や友人に素顔を見せる自信がないという人も、アートメイクなら通常のメイクを落とした後にも残っているので、はっきりとした目にしてくれます。リップラインに入れると、唇の輪郭を強調して、よりふっくりとした立体的な唇に見せてくれる効果があります。

アートメイクを使うことによって、その人の気になる部分をカバーしたり、より美しく見せてくれる効果が期待できます。

広がるアートメイク

化粧品メイクの技術は日々進歩し、新しい技法や化粧品なども次々と出てきます。中でも最近注目を集めているのがアートメイクです。様々な場所で話題になることもあるため、名前を聞いたことがあるという人もいるかと思います。アートメイクという名前から、新しいメイクの技法のように感じられるかもしれませんが、実は現在のアートメイクの元となるものはかなり古い時代から存在していました。

アートメイク発祥の地とされているのは古代中国です。古くから中国では人相学が盛んに研究されており、眉の薄い人は幸福になれないと言われていました。そこで、眉が元々薄かった人たちが皮膚に直接色素を入れることで運命を変えようとしたことが始まりだったと言われています。中国で生まれたアートメイクは台湾へと渡り、やがてヨーロッパにも広がります。それが「パーマネントメイク」という名前で普及していきました。

現在では美容に関心の高い女性が眉やアイラインに施すだけでなく、病気などで残ってしまった傷跡のカモフラージュや、無毛症などのパーツメイクにも利用されるなど幅広く利用されています。アートメイクを施せば数年程度色が保たれるため、女性だけでなく、怪我などで眉毛の一部が薄くなってしまった、毛が生えなくなってしまったという男性にも利用されています。当サイトでは、アートメイクを利用することによって得られるメリットについて紹介しています。このサイトがアートメイクについての興味をより深めるためのきっかけになれば幸いです。